宅配水を利用する際にかかる費用は?

宅配水を利用する際にかかる費用は?

ウォーターサーバーを導入した場合、どんな費用がかかるでしょうか。
考えうるものを列挙しますと以下のようになります。

 

(1)水(ボトル)自体の値段。
(2)宅配費用(配送料)
(3)ウォーターサーバーレンタル料金または購入費
(4)ウォーターサーバーのメンテナンス(クリーニング)費用
(5)ウォーターサーバーの電気代(サーバーは冷水・温水を提供してくれますので)

 

このうち「(2)宅配費用」は、大抵無料です(但し、北海道や沖縄、離島などの場合は別途請求されることがあります)。

 

また、(3)のウォーターサーバーも無料レンタルしてくれる業者もあります。一方、ウォーターサーバーのレンタル料が高い(例えば月1000円)業者でも、(4)のメンテナンス費用がレンタル料金に含まれているところもあります。無料レンタル業者の場合、このメンテナンス費用は5000円程度とられますので、それを考えると両者の差はそれほどではないかもしれません。さらに、レンタル料もメンテナンス料も無料というところもありますが、そういった業者は、今度は(1)のお水(ボトル)自体の単価が高かったりします。なので、全ての費用を総合的に見て、判断されることが重要です。

 

(5)の電気代は「電気ポット1台」と同程度だそうで、例えば月に12リットルのボトルを4本利用する場合で、電気代は月千円程度という説明が多いです。

 

(1)は12Lのボトル1本で、1000円〜2000円くらいです。ピュアウォーターが1000円程度で一番低く、ろ過水(ミネラルを加えた)が1300-1500円程度、天然水がそれより少し高い程度というのが相場でしょうか。いずれにしても、ペットボトルを毎日購入するよりははるかにお得に高品質の水を購入できるのが宅配水のいいところです。