硬度とは

硬度とは?

宅配水を選ぶもう一つの基準として、硬度と言われる指標があります。

 

この「硬度」と言うのは、簡単に言ってしまえばカルシウムやマグネシウムの量を表した数値で、この数値が高いほどカルシウムやマグネシウムが多く含まれているということになります。

 

具体的な硬度の算出方法は、いくつかの方法があり、国によっても違っていたりしますが、現在の日本ではアメリカ式硬度を用いることが多いです。

 

例えば、カルシウムがAmg/L,マグネシウムがBmg/Lの場合、アメリカ式硬度は

 

 A×2.5+B×4

 

で計算できます(この式の意味は、炭酸カルシウムの量への置き換えをしています)。

 

 

この「硬度」の数値が高い水、つまりカルシウムやマグネシウムが多く含まれる水を硬水といい、逆に硬度が低いものを軟水と呼びます。

 

では、具体的に硬度がいくらまでを軟水、いくらからを硬水と呼ぶのでしょう?

 

世界保健機関(WHO)の飲料水水質ガイドラインによれば、硬度が60未満の水を「軟水」、60 - 120未満を「中硬水」、120 - 180未満を「硬水」、180以上を「非常な硬水」と呼ぶことになっています。

 

しかし、一般的には硬度が100未満のものを軟水、300以上を硬水、その間を中硬水と呼ぶようです。

 

 

日本の水は一般に軟水で、従ってご飯を炊いたり、和風ダシをとったり、緑茶を入れたりするのには軟水が適しています。一方、欧米の水は一般に硬水で、コントレックスやエビアンなども硬水です。硬水はスポーツ後のミネラル補給や妊産婦のカルシウム補給、そして便秘解消やダイエットなどに役立ちます。

 

*ちなみに日本の水の硬度の平均は60程度とも言われていますが、地域によって上下し、東北、北陸などでは硬度40以下、関東、琵琶湖近辺、九州地方などでは80以上だそうです。

 

で、宅配水はというと、私の知る限り硬水の宅配水はないように思います。ほとんどが軟水または(硬度が限りなくゼロに近い)純水(ピュアウォーター)だと思います。ただ、軟水であっても硬度がそれぞれ異なりますので、硬度も確認しながら皆さんの目的や好みにあったお水を選びましょう。多いのが硬度30%前後の宅配水ですが、天然水の中には硬度60とか80とかいったものもあります。