メンテナンス料無料の落とし穴

メンテナンス料無料の落とし穴

「ウォーターサーバーのメンテナンス料が無料!」と聞いて、貴方はどう思いますか?

 

単純に「うわあ、お得じゃん」と喜んでいいものでしょうか?

 

定期的なメンテナンス(具体的には1年(数年)毎のサーバー交換)があるのに、メンテナンス料が無料というのならお得かもしれませんね。

 

 *もっとも、そういう水配達業者は、別途ウォーターサーバーのレンタル料を請求していたり、
   水ボトル料金を高めに設定して、その中からメンテナンスにかかる経費を捻出している事が多く、
   総合して比べると料金面ではそれほど変わらなかったりします。

 

 *メンテナンス料が無料だけれど、定期サーバー交換がある水配達業者

 

    アクアクララ (1年ごと)
    MCMのめぐみ (1年ごと)
    アクアマジックワンウェイ (1年ごと。但、訪問メンテナンス)
    宅配水のキララ (1年ごと)
    アルピナウォーター (2年ごと)
    ハワイウォーター (2年ごと)
    うるのん (3年ごと)

 

 *クリクラは1年ごとのメンテナンス(定期サーバー交換)が有料ですが、
  一方で、サーバーレンタル料金が無料で、水ボトルも安いので、
  トータルの利用経費は上記各社よりもむしろ安いくらいです。

 

 

一方、メンテナンス料が無料だといっても、定期的なサーバー交換をしないのであれば、そんなの当たり前ですよね。

 

そのような場合、逆に「はたして、サーバー交換しなくても大丈夫なのか?」と不安に思ってしまいます。

 

ご家庭である程度は簡単な清掃をするでしょうけれど、タンク内部などまで含めた徹底的なクリーニングは出来ませんからね。

 

 

ウォーターサーバーによっては、「自動クリーニング機能」がついていて、その為に定期的なサーバー交換をしなくてよいものもあります。

 

例えば、ボタン一発で高温のお湯を循環させて殺菌を行うことができるものや、タンク内にUV(紫外線)による殺菌機能を具備するものなどです。

 

 *高温循環殺菌機能のあるウォーターサーバー

 

    フレシャス
    KIRINアクウィッシュ
    イワタニ富士の湧水
    ユニマット
    コスモウォーター(らく楽サーバー)
    サントリー南アルプス天然水
    南ASOの天然水 (卓上型ミニECOサーバー)

 

 *UV殺菌機能のあるウォーターサーバー

 

    アクアクララ(アドバンスサーバー)  
    宅配水のキララ(1年ごと)

 

 

しかし、そういう何らかの殺菌機能を備えていないのに定期サーバー交換をしないという水配達業者は、メンテナンス料ゼロでも、ちっとも嬉しくありません。

 

そういう場合は、自腹を切ってでも例えば1−2年に1度サーバー交換をすべきでしょうし、水配達業者の比較の際は、そのような交換費用もメンテナンス料とみなして考慮すべきでしょう。