健康・ダイエット向き宅配水

ダイエット・スポーツ向き宅配水 − 硬度の高い宅配水

現代人は、食生活が変わってきたため、ビタミンやミネラルの摂取量が減ってきていることは、みなさんご存知ですよね。また、同じ野菜でも、昔に比べれば1本あたりのビタミン、ミネラル含有量が減っているそうです。

 

ビタミンやミネラルは、ものによっては人が生きるために必須のものもあり、しかも体内で産生できないものもあるとなると、これは大問題です。そこで、人はビタミン剤やマルチミネラルなどのサプリメントや青汁等の健康飲料・食品などで補おうとします。

 

でも、実はミネラルはお水で補うこともできるんです。
水の中には、様々なミネラル分が溶け込んでいます。

 

ただ、その種類や量はお水によって違います。

 

みなさんは、水の「硬度」という言葉を聞いたことはありますか?
硬度はその水に含まれるカルシウムとマグネシウムの寡多をあらわす数値で、この数値が大きいほど、これらのミネラルが多いということになります。

 

日本の水は、一般にあまりミネラル分が多くない=硬度が低いとされ、そのことから「軟水」といわれています。

 

まあ、水そのものを飲むという観点からは、軟水の方がクセがなくスッキリとした味で飲みやすいですし、
ミネラルのせいでおなかを壊すなどということもなく、誰でも安心して飲めますので、軟水は毎日の普段使いによいお水には違いないでしょう。

 

実際、現在のところウォーターサーバー用の宅配水は、私の知る限りすべて軟水です。
(硬水だと、サーバーの一部にミネラルが凝結するなど、何がしかの問題が生じるのかもしれませんね。)

 

 

しかし、ミネラルを補給するという目的からすれば、もっとミネラルの多い「硬水」の方が良いでしょう。
激しい運動をした後やダイエット中のように、ミネラルが不足気味のときは、特にそうです。

 

このほかにも、パスタは硬水でゆでる方がうまく出来るという話もあります(そもそもヨーロッパは大体硬水の国ですし)。
硬水のしっかりまったりした口当たりが好きという方も結構いるのではないでしょうか。

 

 

上記のとおり、残念ながら、現在、ウォーターサーバー用の硬水はありませんので、
硬水が必要な場合はペットボトルの商品を購入するしかありません。

 

代表的な硬水としては、次のようなものがあげられるでしょう。
 ・エビアン(硬度304)
 ・Vittel (硬度315)
 ・コントレックス(硬度1468)

 

  楽天市場で中硬水(硬度100〜300)を購入する

 

  楽天市場で硬水(硬度300以上)を購入する

 

  Amazon で硬水を購入する

 

 

あと、こちらの「天孫麗水」は硬度約160中硬水を定期購入できます。


 

 

ミネラルの量ではなく、種類を重視するのであれば、ウォーターサーバーで利用する宅配水の中にもおすすめはあります。
これらは海洋深層水由来のミネラルを多種含んでいます。

 

MCMのめぐみ

富士山麓や阿蘇山麓の天然水を原水としたろ過水(RO水)に、MCMと呼ばれる海洋ミネラル結晶体を添加しています。MCMには100種類以上のミネラルが含まれています。種類が多くてハンパないですねえ。
定期購入の場合、配送料、サーバーレンタル料、メンテナンス料がすべて無料になるにもかかわらず、年に1回サーバーを無料で交換してくれます。
ボトルはディスポーザブル(ワンウェイ)ボトルなので、資源ゴミとして廃棄可。

1月に最低限の本数を注文した場合にかかる費用;  3910円

  (12Lボトル1955円×2本)(税込)
  定期購入の場合、配送料、サーバーレンタル料、メンテナンス料すべて無料

MCMのめぐみ 詳細ページ 公式ページへ

 

アクアマジック ワンウェイ
アクアマジック ワンウェイ

ろ過水(RO水)に海洋深層水の天然ミネラルを添加しています。海洋深層水は知床沖、久米島沖の2種類から選べます(硬度も違うよう調整されてます)。
ボトルはディスポーザブル(ワンウェイ)ボトルなので、資源ゴミとして廃棄可。
定期便で月に2回以上の配送を依頼する場合は、通常ボトル2本セット3400円(税別)が、2回目以降は3000円に割引になります。

1月に最低限の本数を注文した場合にかかる費用;  3672円

  12Lボトル×2本セット 3400円 × 1.08 [消費税]
  配送料、サーバーレンタル料、メンテナンス料すべて無料

アクアマジック ワンウェイ 詳細ページ 公式ページへ